料金表

保険診療と自費(保険外)診療の違い

「歯とは一生付き合って行かなくてはいけない」というのは誰もが知っていることです。何故なら生命を維持するには、一生食事を摂り続けなければならないからです。日本の医療保険制度では、多くの歯科診療に健康保険が適応されており、治療にかかる費用の一部の負担額で治療を受けることができます。
しかし、歯科における保険診療は、元来「モノを食べるために歯が機能する」ことが中心です。そのため、保険診療が適応されている処置は、診療内容や使用する材料になどに制限があり、限界があります。
現在では社会が豊かになり、我々の生活の質自体が豊かになっています。同じく今の歯科医療では、より健康で「豊かな気持ち」で過ごすための治療技術や様々な素材が開発され、美しさ・耐久性・安全性に優れた治療を提供することが可能となっています。
但し、それらの多くが健康保険が適応されず、全額自己負担の自費診療での治療となります。

★保険診療

国の認めた材料や方法で行う、機能回復を目的とした治療です。基本的な口腔内機能の回復をすることができます。

★自費(保険外)診療

「保険」という枠を外し、機能重視、外見重視といった目的や希望に最適な材料と治療方法を用いることができます。

各種料金表

  • 最新治療セレック
    比較表と有用性
  • 被せものによる
    治療料金
  • 女性のための
    インプラント治療料金
セレックシステム

最先端技術の結晶、セラミック治療の革命、その名もセレック。
今までの歯科治療の概念を覆す最新システムです。

治療期間の短縮

いままで一週間待っていた被せものが、何と1日、いや1時間(※削りだしまで)で完成します。仮蓋の期間が無いので、削った歯面が汚染されることもありません。
(即日仕上げ:+¥10,000)

多種多様なセラミックブロック

色調を合わせるのはもちろん、硬さ、質感、セラミックからハイブリッドセラミック、レジンまで様々なブロックが用意されています。
(ブロックの選択は、歯科医師が行います)

コストを抑える

コンピューター上で、被せものを設計し、セラミックのブロックを専用の機械で削りだして、製作します。歯科技工士の手が加わらないために、コストが削減できます。
メリットたっぷりのセレックシステムがCLOVER DENTALの治療内容にラインナップされました。

※料金は全て税抜き価格となっております。

セレックインレー

28,000円
※料金には、補綴診断料、形成料、設計料を含みます。

セレッククラウン

被せものによる治療55,000円
※料金には、補綴診断料、形成料、設計料、仮歯料を含みます。
95,000円(根管治療を含んだ場合)
※ファイバーコアとは
コアとは歯根(歯の根っこ)の強度を上げるため、歯根を削り、土台としてしん棒を入れるものです。しん棒の材質は金属がほとんどでしたが、最新技術のグラスファイバーを用いたものがファイバーコアです。

セレックインレー

セレックインレーインレーとは、噛み合わせの面における隆起を含まない被せものです。クラウンに比べて、噛み合わせに関与する部位が少ないのですが、歯との境界は多くなります。特に、隣の歯との接する部位は、歯との接合部を合わせるのが難しいとされています。

セレッククラウン

セレッククラウンクラウンとは、歯全体を覆う被せもののことです。歯の形から、噛みあわせ面の形までのすべて作られます。隣の歯との接する強さ、頬や舌と接する面の形、歯肉と歯の境目に位置する被せものの辺縁、そして、噛み合わせの面を形造る隆起と溝。これらを一つ一つの歯でオーダーメイドで作ります。

オールセラミッククラウンを徹底比較
  オールセラミッククラウン セレックシステム
製作方法 技工士の手によるセラミック盛り上げ ミリンダマシンによりセラミックブロック削りだし
硬さ 硬い 硬い〜中等度
透明度 自然な透明感 透明感あり
リアル度 どこまでもリアル感を追求できる ブロックの質感に色を加えて表現出来る
材料安定性 技工士による手作業のため技術に左右される 工場製品のためばらつきがほとんどない
機関 7日 1日
FGPテクニック 使用できる 使用できない
費用 技巧料金+技術料+材料費
クラウン¥85,000
インレー¥55,000
(インレーはハイブリッド)
技術料+材料費
クラウン¥55,000
インレー¥28,000
(即日加算¥10,000込)
前歯/奥歯 前歯 奥歯
CLOVER DENTALにおけるセレックシステムの有用性

セレックシステム治療前、治療後

即日セラミック修復処置

【その日のうちに、セラミックの被せものが、あなたのお口に装着できる】

通常の修復処置では、2回の来院が必要になります。

1日目:ムシ歯を削り、型どりをして、仮のふたをする。
7日~10日間、仮のふたで過ごす。

2日目仮のふたを外し、被せものを付ける。
即日セラミック修復処置「セレックシステム」の場合、むしばを削ります。

ビデオカメラによる光学印象(型とり)もしくは、通常の型とり
ゆっくりお待ちいただきます。

すぐに、セレックシステムで、セラミックの被せものを作ります。(1時間程度)

できたてのセラミックの被せものを付けます。

仮のふたの時期がなく、その日から食事できます。

メリット
  • 治療期間がたった一日
  • 仮のふたの期間がないので、快適
  • 仮のふたの期間がないので、削った表面が汚染されることがない
  • 仮のふたの期間がないので、しみる、いたい思いが少ない
  • 麻酔も一回
  • 仮の歯の費用がかからない
  • ビデオカメラの光学印象ができるので、型とりが苦手な方でもできる
  • 歯の移動による不適合が少ない
被せものによる治療

どんなに素晴らしい材料でも、自分の歯に勝るものはありません。天然の歯は、それだけ素晴らしいものです。
私たちは、出来る限り、元の歯に近づけるように治療をします。自分の母、咀嚼して使えば使う程、形が変化し、噛みやすく、食物本来の味を感じることができるようになります。
被せものも、歯に合わせて変化する材料が最も体に適したものと言えます。日本人として、おいしく食べることができる被せものを提供いたします。

※料金は全て税抜き価格となっております。

当院では、材質によって金額が変わるのではなく、患者様の歯の状態に最適な材料を選び、治療を行います。
全ての材質の料金は一緒ですので、ご安心して治療を受けられます。

クラウン

被せものによる治療85,000円
◆高カラットゴールドメタルクラウン(20金タイプIゴールド)
◆オールセラミッククラウン
※料金には、補綴診断料、形成料、印象料¥、仮歯料¥を含みます。また、プラスティック前装はご希望に応じます。
※根管治療を含んだ場合、マイクロスコープ根管治療費、ファイバーコアを含みます。

どちらの被せもの治療においても、
根管治療(ファイバーコア)を含んだ場合:
135,000円

※ファイバーコアとは
コアとは歯根(歯の根っこ)の強度を上げるため、歯根を削り、土台としてしん棒を入れるものです。しん棒の材質は金属がほとんどでしたが、最新技術のグラスファイバーを用いたものがファイバーコアです。

インレー

55,000円
◆高カラットゴールドメタルインレー(20金タイプIゴールド)
◆ハイブリッドセラミックインレー
※料金には、補綴診断料、形成料、印象料を含みます。

ハイブリッドCR(コンポジットレジン)

15,000円(1本の歯あたり)
※料金には、充填診断料、形成料を含みます。

高カラットゴールドメタルクラウン(20金タイプIゴールド)

高カラットゴールドメタルクラウン(20金タイプIゴールド)クラウンとは、歯全体を覆う被せもののことです。歯の形から、噛みあわせ面の形までのすべて作られます。隣の歯との接する強さ、頬や舌と接する面の形、歯肉と歯の境目に位置する被せものの辺縁、そして、噛み合わせの面を形造る隆起と溝。これらを一つ一つの歯でオーダーメイドで作ります。

高カラットゴールドメタルインレー(20金タイプIゴールド)

高カラットゴールドメタルインレー(20金タイプIゴールド)インレーとは、噛み合わせの面における隆起を含まない被せものです。クラウンに比べて、噛み合わせに関与する部位が少ないのですが、歯との境界は多くなります。特に、隣の歯との接する部位は、歯との接合部を合わせるのが難しいとされています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンオールセラミックは、金属を一切使用しない被せものです。そのため、より透明感のある天然の歯に近い色調を表現することができます。アレルギーの心配も少なく、もっともきれいに仕上がるマテリアルです。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーインレーとは、噛み合わせの面における隆起を含まない被せものです。クラウンに比べて、噛み合わせに関与する部位が少ないのですが、歯との境界は多くなります。特に、隣の歯との接する部位は、歯との接合部を合わせるのが難しいとされています。

ハイブリッドCR(コンポジットレジン)

ハイブリッドCR(コンポジットレジン)広範囲の充填が必要な場合には、セラミックラミネートベニア(¥85,000)が適応となります。
充填で治療できる範囲は、歯科医師の判断によります。前歯の歯と歯の間、楔状骨欠損など

1本からのインプラント治療

インプラント治療費

インプラント治療には「インプラント」「アバットメント」「インプラントの仮歯」「被せ物(ハイブリッドセラミックスもしくは歯肉付き硬質レジン歯)」「補綴診断料」「咬合採得料」「チタンフレーム料」「固定用チタンスクリュー調整料」「即日仕上げ料」「仮歯固定用チタンスクリュー」「手術料」「骨移植料(サイナスリフトなど)」「静脈内鎮静法」「手術管理料(生体モニター、点滴など)」などの費用が含まれます。

名称 費用 備考
インプラントの被せ物 50,000円〜 「補綴診断料」「咬合採得料」「チタンフレーム料」「固定用チタンスクリュー調整料」を含みます。
材料は、ハイブリッドセラミックスもしくは歯肉付き硬質レジン歯となります。セラミックスは85,000円〜となります。
インプラントの仮歯 25,000円 「即日仕上げ料」「仮歯固定用チタンスクリュー」「調整料」を含みます。
インプラント(アバットメント含む) 285,000円 「手術料」「骨移植料(サイナスリフトなど)」「静脈内鎮静法」「アバットメント」「手術管理料(生体モニター、点滴など)」などの費用が含まれます。
合計 360,000円〜 スピーディーインプラント、スプラインインプラント共に
All-on4(全ての歯を失ってしまった場合)の治療

All-on4(全ての歯を失ってしまった場合)の治療家計を支える女性にとって、治療費用はとても大切なポイントです。
インプラント治療は、インプラントの本数により料金が変わります。つまり、必要最小限のインプラント本数にすることが、全体の費用を抑えることにつながります。
クローバーデンタルは、初めに必要最小限の本数で、計画を立て、提案いたします。一度、その本数で契約したら、手術中の判断で本数が増えても、その分はクローバーデンタルで負担いたします。
また、本数が少ないということは、手術自体も楽になります。全ての歯が無い方、例えば総入れ歯の方でも、All-on 4(オールオンフォー)という技術を使うと、12本の歯が、なんと!4本のインプラントで可能になります。
これは、12本のインプラントを埋入するより、極端に抑えることができるのです。

名称 費用 備考
インプラントの仮歯 25,000円×12本 料金には、即日仕上げ料、仮歯固定用チタンスクリュー、調整料を含みます。材質は、圧縮強化プラスティックとなります。
インプラント(アバットメント含む) 285,000円×4本 料金には、手術料、骨移植術料(サイナスリフトなど)、静脈内鎮静法、アバットメント、手術管理料(生体モニター、点滴など)を含みます。
合計 1,440,000円〜 料金には、補綴診断料、印象料、咬合採得料、チタンフレーム料、固定用チタンスクリュー、調整料を含みます。

※3〜6ヶ月後に最終被せものをおすすめしています。

インプラントの被せものの材質は、硬質レジン、チタンフレーム有り硬質レジン、セラミックスとなります。
◆硬質レジン:50,000円×12本=600,000円
◆チンフレーム有り硬質レジン:85,000円×12本=1,020,000円
◆セラミック:135,000円×12本=1,620,000円

お支払い方法

治療費のお支払いにつきましては、現金または各種クレジットまたは金融機関の各種ローンをご利用頂けます。

ご利用できる各種クレジットカード

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00