歯の豆知識

一覧に戻る

食育とは?

体に良い「食」を学び、選ぶ力を「育」てる活動。 食べる行為は、誰も代わってあげることはできません。

食育のキーワード

選食
食べ物を上手に選び、組み合わせてよく噛んで食べること
食戦
生活習慣病を予防し、病気やストレスに勝つカラダをつくること

「食育」は健康づくりの生涯学習。「食育」は、年齢関係なく取り組む活動です。

食育のポイントは「実践」

食育を実践するチャンスは、1年間に約1000 回(一日3食×365日で算出)です。大切なのは、賢く選んで、しっかり噛むこと。現代は健康情報、食の情報など情報が溢れています。
「知ってる」「分かってる」では何も変わりません。食育は実践あるのみです。
日頃の食事を見つめ直し、意識して選食してみましょう。

食育とは
新しい言葉のように聞こえるますが、約100年前、明治時代の軍医・石塚左玄の著書『通俗食 物療養法(1898年)』や、明治のジャーナリスト村井 弦斎の報知新聞に連載された人気小説「食道楽(1903 年)」に、「体育も知育も才育もすべて食育にあると認識すべき」と表現されています。また、当時の文部省の文献には、食育・体育・知育・才育・徳育を総称する「五育」の言葉があり、その中で何よりも優先されたのが食育でした。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00