歯の豆知識

一覧に戻る

はじめよう 早寝・早起き・朝ごはん

現代人は大人も子どもも大忙し。遅寝、遅起き、朝抜き生活を送っていると、学力、意欲・記憶力の低下につながります。子どもの健やかな成長のために、家庭で早寝・早起き・朝ごはんを心がけましょう。

早寝・早起き・朝ごはんを毎日続けると、頭すっきり、体のびのび。勉強やスポーツで全力を出しやすくなり、朝の排便も習慣になります。

早寝

昔から「寝る子は育つ」と言われますが、睡眠には心身の疲労を回復させ、脳や体を成長させる働きがあります。
成長に欠かせない脳内物質や成長ホルモンは、眠っている間に活発に分泌されるため、成長期のお子さんは早寝を心がけましょう。

早起き

朝の光を浴びると、脳を目覚めさせる脳内物質「セロトニン」が活発に分泌され、頭がすっきりして集中力が高まります。
また自律神経が、体を休める「副交感神経」から、体を活動させる「交感神経」にスムーズに切り替わり、朝から元気よく動ける状態になります。

朝ごはん

脳のエネルギー源「ブドウ糖」は、体内に貯蔵しておくことができません。
朝ごはんを食べて補給しないと、脳が働かなくなり、集中力や記憶力の低下を招きます。また、食べ物が入ると腸や大腸も目覚めるため、朝の排便習慣にもつながります。

1日1回、朝の光と朝ごはんで体内時計をリセットしよう!

人は1日24時間に合わせて、日中は動いて夜眠るという生活リズムを刻んでいます。これが「体内時計」と呼ばれるカラダの仕組みです。
ところが、体内時計は24時間よりも少し長めに設定されているため、1日1回、時間をリセットしないと、生活リズムが乱れ、睡眠や成長に悪影響を及ぼします。でも心配しないでください。リセット方法は、朝の光を浴びて、朝ごはんを食べるだけ。誰でもできますよね。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00