歯の豆知識

一覧に戻る

歯に良い食べ物・悪い食べ物

しっかり食べてムシ歯予防 歯に良い食べ物

カルシウムが多く含まれる食品は、歯に良い食べ物です。
チーズやヨーグルトなどの乳製品、さくらえびやしらすなどの魚介類、その他にモロヘイヤ、小松菜、ひじきなどが挙げられます。
一緒に、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンKが含まれる食品を食べれば、さらに歯を強く健康に保てます。

毎日飲んでムシ歯予防 歯に良い飲み物

牛乳はカルシウムを多く含み、歯に良い飲み物です。
また、日本茶は、抗菌作用に優れているカテキン(ポリフェノール)、フッ素が含まれており、ムシ歯予防の効果が期待できます。
またウーロン茶には、特有のポリフェノール(苦味成分)が含まれており、歯垢の発生を抑える働きがあるそうです。

歯の掃除はおまかせ 清掃性食品

清掃性食品とは、噛む時に歯の表面をきれいに掃除してくれる食べ物のこと。
食物繊維を多く含む、ごぼう、にんじん、レタス、セロリ、こんにゃくなどです。
噛めば噛むほど、歯や粘膜の表面に付いた汚れを取り除き、唾液の量を増やします。唾液をいっぱい出す、うめぼしなどの酸っぱい食べ物も清掃性食品の仲間です。

ムシ歯になりやすい 停滞性食品

停滞性食品とは、歯に付いた汚れが取れにくく、唾液の影響を受けにくい、ムシ歯になりやすい食べ物のことです。
キャラメルやビスケット、チョコレートなどのお菓子類は、砂糖を多く含むだけでなく、歯にべったりまとわりつくため、食べた後はできるだけ早く歯磨きをすることをお勧めします。

歯に良い食べ物を食べていれば、ムシ歯にならないということではありません。 食べた後は、しっかり歯磨きをして汚れを落とすことを忘れないでください。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00