かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

3歳児のう蝕歯数は、平成1年が平均2.90本であったのに対し、平成25年には平均0.63本へと減少しています。
また、75歳~79歳の現在歯数は平均15.6本と確実に増加しています。
反面、歯周病罹患率は75歳以上で顕著に増加傾向にあり、これらのことからも、年齢など各ライフステージに応じたきめ細かな歯科医療の提供が望まれます。
かかりつけ歯科医の有無と、新しいう蝕の発生や現在歯数には、有意に関連があることが分析・調査から明らかになってきており、生涯を通じた歯科疾患の重症化を予防するため、平成28年度診療報酬改定で新設されたのが、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所です。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所イメージ

当院は、これまで、近隣の皆さまのかかりつけ歯科医院として、患者さまの10年、20年後にご満足いただける歯科診療を目指してきました。
歯科治療だけではなく、治療が修了するのをスタートとして、虫歯や歯周病にならないようなプログラム(定期検診)で予防にも力を注いできました。そして、当院に通院が不可能になった患者さまにも、終生ご自分のお口でおいしく食事ができるよう在宅診療部門の拡充を図っていきます。
この認定をうけ、重症化の予防のため、原則としてかかりつけ医の指示のもと、医療管理メンテナンスを長期的に行うものと定めており、当院もその方針を遵守します。これからも、皆さまのかかりつけ歯科医院として、健康寿命の延伸とお口の中からはじまる健康のために最先端の歯科医療の提供、予防歯科の確立を目指してまいります。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは

かかりつけ歯科医院口腔機能の維持・改善により国民の健康寿命の延伸とQOL(生活の質)の改善を図るという目標に向かい、国が新設した認定制度で、虫歯を防ぎ、歯を失わないために予防を定期管理(メンテナンス)することができる専門的な歯科医院のことです。
患者さまのお口の中の健康を、生涯にわたり定期管理・医療管理するため、安心・安全な歯科医療サービスを提供していきます。そして、時には、患者さまの身体の状況に応じた歯科保健サービスを、医療機関や地域の包括支援センター等と連携して、地域ぐるみで歯科医療を提供していきます。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されるためには

  • 歯科外来診療の安全対策に係る研修を 受けている常勤の歯科医師がいること

  • 予防やメンテナンスができる常勤の歯科衛生士が勤務していること

  • 緊急時に対応できる設備・器具(AED、救急蘇生薬剤など)・体制が用意されていること

  • 訪問歯科診療や歯周炎のメンテナンスなどの維持管理を継続的に行ってきた経験

  • 高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けている常勤の歯科医師がいること

  • 在宅医療を行う医科や緊急時の連携している介護・福祉関係者・保険医療機関があること

  • 滅菌、感染防止に必要な設備を完備していること

  • 医院の敷地内が禁煙となっていること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所のメリット

患者さんにとって、かかりつけ歯科医機能強化型診療所のメリットは、今までより患者様の状態やご希望に沿った治療内容を、保険の適用範囲内で受けることも可能です。

【予防歯科 PMTC】が毎月保険適用で受診できます!

虫歯や歯周病は自然治癒しません。
予防歯科 を行うことで、初期段階での治療や早期発見による発症前治療が可能となります。特に歯周病は全身疾患の要因ということが近年の研究でわかってきています。このような結果からも予防歯科を定期的に受診していただくことは非常に重要です。
かかりつけ歯科医 に認定されている当院では1ヶ月に1回の受診でも保険が適用となりますので積極的に予防をしていただくことをお勧めいたします。

【フッ素塗布】も毎月保険適用で行えます!

子供だけでなく大人も毎月フッ素塗布に健康保険が適用されます。予防歯科 と合わせて、フッ素塗布を同時に行うことで、虫歯に非常に強い歯を作ることが可能になります。保険適用で毎月こういった連携施術ができるのは厚生労働省に認定されている当院ならではです。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00