歯科医師紹介

院長 山岡薫の紹介

院長 山岡薫私は、秋田県の鳥海山と日本海に挟まれた町、「象潟」で生まれました。秋田県の日本海側の最南端、山形県との県境に位置します。
松尾芭蕉が訪れた最北の地であり、九十九島・八十八潟が景勝地となっておりましたが、1800年頃の象潟地震で海底が隆起し、陸地化しました。田んぼの上に島が点在する何とも不思議な風景です。そんな山も海も身近にある自然に恵まれた環境で、すくすくと育ちました。
小学校に入学してからは、あまりにも元気がありすぎて、低学年の頃は、友達といつもケンカばかりしていた記憶があります。そんな私も、小学校3年生からはじめた野球では、怖くて優しい監督やコーチにしごかれながら、1年のうち364日は夜遅くまで練習に励んでいました。

その頃は、練習が嫌で嫌でしょうがなく、どうにかして、さぼる方法を考えていたように思います。今思うと、その苦しい練習や監督やコーチのお叱りが、私の人としての基礎を築いてくれたように思います。監督は、「たぬき」と呼ばれていました。理由は、わかりません。いつも大きなバイク(ハーレーだったのかな?)に乗って、爆音でやってくるので、はじめにキャッチボールなどの自主練をだらだらとしているのですが、その音が近づいてくると、しゃきっとして大声に変わる様が子どもながらに、面白かったことを思い出します。
そんなある日、私が小学5、6年生のころでしょうか、野球部全員が小学校近くの町の集会所に集まったことがありました。監督は、とてもとても良く本を読む方でした。(本を読む大切さを知ったのは、この時でした)いつもお説教のように、大切なお話をしてくれていたように思います。その監督が、部員一人一人に、「お前は将来、警官になれ」などと将来のアドバイスというよりも進路指導をし始めたのです。「お前は、不良になりそうだから気をつけろよ」…みんな目が点になっていました。いよいよ私の番がやってきました。ドキドキしながら、体育座りのまま、監督の口元に集中していました。
そして、こう言ったのです。「かおる…、お前は医者になれ。」その光景を今でも覚えています。

医者になれ、…医者、…って何で?と思いました。そしたら、監督はこう付け加えました。
「かおるは、気が弱くて、やさしいところがあるからな。野球の姿勢にもそれが見える。だから、医者になれ。わかったな!その勢いに、思わず「ハイ!」と言ってしまったような気がします。
私の今の歯科医師という職業を目指すキッカケとなったのは、あのときの「医者になれ」という言葉だったのかもしれません。
中学、高校の時は、あのときの言葉も忘れて「体育の先生になろうかな」とか「高校に行かなくてもいいかな」とか何の理由もなく、進路を考えていましたが、結果として、歯学部を目指すことになったのは、心のどこかにあの言葉が残っていたからかも知れません。
その後、最上級生となり、無我夢中で続けた少年野球では、出場する大会のほとんどで優勝。本番である少年野球D地区大会でも、みごと優勝し、県大会へ。県大会は、今で言うマクドナルド杯(メダルにマックのマークが入っていた。しかし、象潟にはマックがなく意味が分からなかったけれど…)だと思いますが、準優勝。東北大会への切符を手にし、リベンジの東北大会で優勝!念願の全国大会へ出場します。全国大会の開会式は、懐かしいロッテのホームグラウンドだった川崎球場!しかも、ナイター。残念ながら、一回戦で敗北しますが、貴重な経験となりました。

3年前に、当時の野球クラブの東北大会優勝旗を小学校に寄贈するということで20年ぶりに集まりがありました。実は、私の所属していた野球クラブは、東北大会の最後の優勝校でした。その集まりで、久しぶりに監督にお会いした時、監督はこういってくれました。「かおる…、お前は俺の言ったとおりになったな」と。あの時の言葉を覚えていてくれたのだと、私はとても感動しました。そして、この歯科医師という職業に導いてくれた監督にとても感謝しました。
「医者」ではなく「歯医者」という職業になりましたが、監督が思うところは一緒だったのだと思います。私が小学生のころは、お医者さんはこわい人、看護婦さんはやさしい人、病院はこわいところ、病気になるのは自分が悪いから、歯が痛くなるのも自分が悪いからというイメージがどうしてもありました。「気が弱くて、やさしい」私に、歯医者になって欲しかった理由が、今は何となく分るような気がしています。
にこにこ笑顔で通える温かいクローバーデンタルを開院できる喜びを噛みしめています。

経歴
  秋田県にかほ市象潟町出身
1994年3月 秋田県立本荘高等学校卒
1994年4月 新潟大学歯学部歯学科入学
2000年3月 新潟大学歯学部歯学科卒業
2000年4月 秋田大学医学部附属病院歯科口腔外科入局
2001年4月〜9月 同病院麻酔科研修
2002年4月〜9月 岩手県胆沢町国民健康保険まごころ病院歯科口腔外科勤務
(秋田大学関連病院)
2005年3月 秋田大学医学部付属病院歯科口腔外科退職
2005年4月 秋田市内歯科医院勤務
2010年7月 クローバーデンタル開院

所属学会
●日本口腔外科学会 ●日本口腔学会 ●日本口腔インプラント学会
●日本歯内療法学会 ●日本歯周病学会
スタディグループ
●一心会(秋田)理事 ●Happy Dentist(東京) ●REALIZE(東京)
●AFD未来歯会(東京)

研修歴
2005年 MAP imolant Institute Advanced Bone Grafting by Michael A.Pikos in Florida「インプラント骨増生アドバンスコース フロリダ」
2006年 ダイレクトボンディングハンズオンセミナー (Dr.高橋登)
AHA BLS for Healthcare Provider Course「BLSプロバイダーコース」
丸橋全人歯科医療のすべて 初級コース(Dr.丸橋賢)
日常臨床に役立つ最新の歯周外科(Dr.野口俊英) GTR、Emdgain資格取得
2007年 丸橋全人歯科医療のすべて 中級3カ月コース(Dr.丸橋賢)
3mix-MP法セミナー(Dr.宅重豊彦)
若い歯科医師のためのOral Physician育成セミナー(Dr.熊谷崇)
Oral Physicianチームミーティング 予防実践コース(NPO法人ウェルビーイング福岡)
歯周治療臨床実践3カ月コース(Prof.岡本浩)
2008年 Microscopic Dentistryセミナー(Dr.三橋純)
Zimmerインプラントセミナー(Dr.椎貝達夫他)
Happy Dentistセミナー3回コース(Dr.園延昌志、伊藤創平、澤田宏二)
歯周治療臨床実践3カ月アドバンスコース(Prof.岡本浩)
Microscopic Dentistry Training Course(Dr.三橋純)
REARIZE初級コース(Dr.澤田宏二)
REARIZE中級コース(Dr.澤田宏二)
ペリオドンタルマイクロサージェリー実習会(Dr.南昌宏ほか)
2009年 Prof.Tord Berglundh特別セミナー
AHA BLS for Healthcare Provider Course「BLSプロバイダーコース」(更新)
REARIZE上級コース(Dr.澤田宏二)
丸茂研修会 基礎12回コース
Nobel Biocare Forum 2009
その他学会も含め多数参加。

歯科医師 熊田稔浩先生の紹介

歯科医師 熊田稔浩(くまた としひろ)先生地域診療に全精力を傾け歯科医療の意義を追求
私は、秋田県の南西部に位置する「由利本荘市」の本荘で生まれました。西に日本海、東に出羽丘陵、南は秀麗無比なる鳥海山に囲まれ、鳥海の山裾に源流を発し日本海に注ぐ「子吉川」の流れと共に広がる本荘平野の穀倉地帯に広がる街です。
本荘と矢島を結ぶ由利高原鉄道で羽後本荘から2キロ南下した次の駅「薬師堂」に実家があり、田園地帯の真ん中というのどかな環境で育ちました。保育園から中学2年までは1学年1クラスで全員同じメンバーだったため、井の中の蛙的な状態でしたが、中学3年の時に状況が一変します。
1学年8クラスのマンモス校に吸収合併となり、自分という人間が通用するのか不安だらけでしたが、遊びを通して人間関係も広がり、勉強でも常に学年上位となるなどして、徐々に自信を持てる様になりました。
小学生はもちろん中学生の頃も勉強より遊びが好きで、放課後は自転車で色んな場所に出かけていましたが、その延長で高校入学後は原付バイクで更に行動範囲を広げました。今思えば、一見無駄なようでも、移動しながら様々な人や事象、自然と出会い視野を広げるのに役立った気がします。
そんな自分も大学受験が近づくにつれて、将来は地元の秋田に戻り地域に貢献できる職業に就きたいという思いから、最終的に医療系を選択し、秋田と同じ日本海側の新潟大学歯学部に進む事ができました。大学では、授業についていくために自分なりに真面目に勉強するようになりましたが、時間を見つけては大型バイクで新潟県内全域をツーリングして周り、特に弥彦山の峠道が好きでした。
大学卒業後は、地元志向が強かった事もあり、歯学部の臨床実習が始まったころに誘ってもらった秋田市の医療法人に入社し、その間に結婚して家庭を持ち、長きにわたり勤務しました。外来のみならず近年は施設などへの訪問診療に力を入れ、虫歯の治療や義歯、歯周病やその他の感染症予防のための口腔ケアを中心とした高齢者の治療を行ってきましたが、このたび縁あって山岡院長の御厚意でクローバーデンタルにお世話になり、院長はじめスタッフの皆さんと一緒に働くこととなりました。
以前は海釣りと食べ歩きを趣味としていたため、肥満体型でしたが、数年前から乗り始めたロードバイク(レース用の自転車)のおかげで減量に成功し、年3回程ヒルクライムのレースにも出るようになりました。現在は家内と愛犬(トイプードル)と暮らし、昨年末には娘夫婦に孫ができ、おじいちゃんになりましたが、自分ではまだまだ若いつもりでおります。
クローバーデンタルは明るくオープンで、常に前進しようと努力する勉強熱心な歯科医院だと思いますし、早く自分も貢献できるよう頑張る所存ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00