歯周病予防:THP(トータルヘルスプログラム)

当院ががTHPに取り組む理由

院長 山岡薫初めまして、CLOVER DENTALの院長の山岡です。
皆さんは歯周病という感染症の本当の姿をご存知でしょうか?
ある日歯磨きをしていると血が出てしまい、心配になり歯医者に行きます。
すると、衛生士と歯科医師による触診や視診を基本とした、簡単な検査をした後に歯周病と説明を受けます。
歯についた歯石を取り除く治療を複数回受けて、虫歯があれば治療をして、治療後は定期的なメンテナンスを勧められます。
3~4ヵ月に1回歯医者さんに行きますが、毎回行く度に歯石がついてしまうので、その度に歯科衛生士による施術を受ける。
“一般的な歯周病の治療”はこのような流れではないでしょうか。
しかし、冒頭でお伝えした通り、歯周病は細菌による感染症です。
上記の流れでは歯周病の進行を食い止めることは出来ても、大元の原因である歯周病の細菌へのアプローチは出来ていません。
このことは、私自身ずっと気になっていたことでした。
果たして、そのような治療方法が存在するのか。そうして出会ったのがこのTHP(トータルヘルスケアプログラム)です。

THPとは?

歯周病リスクを極限まで低減し、管理することで全身の健康を守る先進歯科医療です。
つまり口腔内におけるデンタルバイオフィルムを徹底的に取り除き管理することです。重要なことは、口腔内に存在する歯周病菌が潜むプラークを徹底的に除去し、歯周病菌をはじめとする悪玉細菌が増殖しない口腔内環境にコントロールできる素地を作ることです。
つまり口腔内環境のリセットと維持管理の方法を確率することです。

歯科衛生士によるプラーク、バイオフィルムの除去

熟練した技術を持つ歯科衛生士が徹底的にプラーク、バイオフィルムを除去し、高機能殺菌水の効果で口腔内細菌を徹底的に除菌。安全、安心な口腔内衛生環境を構築します。

専用の薬剤を用いた徹底的な除菌

歯周内科的アプローチにより専用の薬剤(ジスロマック)を用いた治療を症状に応じて行います。全身に入り込んだ歯周病菌は、全身疾患の根本的な原因になる危険があると言われています。体内に潜む歯周病菌、口腔細菌を抗生剤により徹底除菌します。

精密な記録データによる管理でサポート

口腔内の状況を精密な検査データとして記録保管します。また、全身リスクについても状況に応じて管理し、継続サポートして患者様の健康を維持管理します。

覚えておいて欲しい歯周病の怖さ

覚えておいて欲しい歯周病の怖さ歯周病は日本人の8割が罹患していると言われている感染症の病気です。
加齢によって歯周病になると考えられている方が多いと思いますが、実は年齢に関わらず知らない間に罹患している可能性が高いです。
感染力がとても強く、HIVやエボラ出血熱などと同じ感染症の一種で、「人類史上最も感染者数の多い感染症」としてギネスブックにも認定されています。
産まれたばかりの子どもには歯周病の発症原因となる菌はいないとされていますが、母子感染などによって感染していきます。そして、歯周病は歯を支える歯槽骨を溶かし歯がぬけてしまう原因になるだけでなく、肺炎や糖尿病、心臓病、動脈硬化など様々な全身疾患に繋がる可能性があります。
そのような病気にも関わらず、驚くことに現代の歯科医療技術では治せない病気と言われてきたのです。

歯周病と全身疾患について

全身疾患さらに最近の研究ではその歯周病菌の標的は歯の周りの組織だけでなく、心臓病や動脈硬化、肺炎などの全身疾患の発症や低体重児出産の原因となったり、糖尿病を悪化させたりすることが明らかになってきました。
例えば歯周病があると歯ぐきの中に歯周病菌が侵入する。そして歯周病菌が血管の中に入りこみ、心臓の周りにある血管の壁にとりついて動脈が硬くなったり、狭くなったりして「動脈硬化」の症状が生じる。血液の流れが少なくなり、最悪の場合、血管が詰まり、破裂する狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことが分かっています。
「糖尿病」と歯周病菌の関係は互いに病気を悪化させる要因になっていることが分かってきました。歯周病治療を行うと血糖値が改善したり血糖値が上がると歯周病が悪化するという相関関係にあるのです。歯ぐきの炎症で生じるサイトカインという物質が関与していると考えられています。
妊産婦ではこのサイトカインが子宮収縮を促し「早産」や「胎児の成長不足」を招き、「低体重出産」の原因となったりする可能性があるといわれています。
日本人の死因の第4位の「肺炎」は現在も多くの高齢者の命を奪っています。この重篤な肺炎の原因は誤嚥(誤って飲み込む)で歯周病菌を気管に吸いこむ事で、発症するケースがほとんどであることが分かっています。口腔ケアや歯周病の治療をすると「誤嚥性肺炎」が明らかに減じることは容易に理解できるでしょう。
これらの例にあげたように歯周病菌は全身をむしばむ怖い病気の原因菌でもあるのです。
現在の保険での歯周病の治療は歯の表面から歯石を取り除いたり、歯根の表面の清掃、さらに歯周病が進行すると歯肉を切開して、歯根を露出させ、手術により徹底的な細菌と汚染物質の除去を行ってきました。歯周病は進行を遅らせることはできても、進行は止められないと考えられていました。

このような悩みはありませんか?

  • 歯垢や歯石がとってもとっても元に戻ってしまう。
  • 口の中が常にネバネバしている感じがある
  • 口臭が気になるが何が原因かわからない
  • 歯を磨くと血が出る
  • 歯肉が赤く腫れてしまっている
  • 歯がグラグラする

上記の症状は全て歯周病のサインとして表れてきます。
お伝えした通り、歯周病は歯がぬけてしまうだけでなく、全身疾患にもつながる可能性のある怖い病気です。
少しでも不安がある方はご相談下さい。

THP(トータルヘルスケアプログラム)で歯周病を治す

THPは大学の研究機関と共同開発によって誕生しました。
目的は、「歯周病を治す」ためです。

  • 1「口の中全体」を1度の治療で健康な状態にする
  • 2口腔内だけでなく「全身の健康」を守る
  • 3「生涯にわたって」健康を維持する

THPはこれまでの歯のお掃除とは考え方が違います。 それは「進行を止める」ことではなく、「治す」という考え方です。

THP(トータルヘルスプログラム)の特徴

徹底した検査で歯周病菌の状態を調べ、最良の治療計画を立てる。
患者さん一人ひとりの状態に合わせたオーダーメイドの治療
THPウォーターによる歯周病菌のコントロール
高度なスキルを持ったTHP認定歯科衛生士による治療
外科的治療は必要ないため、患者様の身体的、精神的負担を軽減
短期集中型治療のため治療期間と来院回数が大幅に縮小
治療後は定期メンテナンス時に唾液検査を実施し口腔内の状態を確認

THPを受けて頂くことによって得られること

歯周病は個人差の激しい病気です。
北欧では1日0.9回しか歯磨きをしないにも関わらず、6~7割の方が虫歯にも歯周病にもかからないと言われています。
THPの効果はまさに、このような状態に近づくことだとも言えます。
もちろん日本では8割の方が歯周病に罹患していますので、THPを受けて頂いた後も油断は出来ません。
定期的なメンテナンスを受けることでその状態を確認、管理することは必要です。
しかし、今までのように歯医者に通っても歯周病の原因の細菌の治療が出来ていない状態と比べると、大きな違いを実感して頂けると思います。

下記はTHPを全国で受けた患者様の特に感じた効果についてのアンケート結果です。

  • 膿が出なくなった 81.2%
  • 唾液のねばつきが無くなった 74.9%
  • 血が出なくなった 100%
  • 口臭が減った 81.2%
  • 唾液がサラサラになった 75%
  • 冷水痛の軽減 81.2%
  • 歯の動揺の軽減 87.5%

THP(トータルヘルスプログラム)のメリット

これまで行われていた外科的治療と比較した最大のメリットは歯肉にメスを入れることなく、精神的肉体的な負担を最小限に患者様に優しい治療であるという事が1つと、次に治療に有する期間と来院回数の大幅な縮小(従来週一回の来院で6か月間かかっていた治療がそれ以上の効果を獲得しながら平均6~8回の来院で終了)つまり、肉体的、時間的、精神的に余裕がなくてもほとんどの患者様が理想の健全な細菌叢にたった8回ほどの来院で到達出来てしまうのです。
トータルヘルスプログラムでは緊急性を要する場合以外には一般的な治療のようにすぐに治療には入りません。まずは悪くなってしまった原因を検査し診断を行った上で治療を進めていきます。この検査には「唾液検査」「細菌検査」「口臭検査」「血糖値検査」「歯周病精密検査」などがあります。一部を簡単にご紹介致します。

唾液検査

唾液検査唾液の検査を行なうことで、虫歯リスクを知ることができます。その結果からあなたオリジナルの予防プログラムの作成、予防処置効果の検証など、あなたの歯を守るための一歩進んだ歯科治療が可能となります。当医院では「デントカルト」と呼ばれるWHO(世界保健機構)の疫学検査にも使われている信頼度の高い唾液検査を利用しています。

位相差顕微鏡検査(細菌検査)

位相差顕微鏡検査特殊な顕微鏡(位相差顕微鏡)を活用してお口の細菌を観察し、菌の活動性、種類、量などを確認します。場合によっては患者さんにもご確認いただくことがあります。治療前・治療後に観察し変化を確認していきます。

口臭検査

「硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド」は「3大ガス」と言われ、悪臭のおよそ8割をこの3種類のガスで占めています。口臭測定器(オーラルクロマ)では、3種類のガスを「ppb」という、ごく少量の単位まで正確に分離検出します。ジメチルサルファイド以外は「お口の細菌」に起因するガスですので、この検査によりどの部分を重点的に処置すべきかの診断が可能になります。

THP(トータルヘルスプログラム)診療フロー

クローバーデンタルでは、患者様が安心してご来院頂くことができ、安らぎと信頼を大切に施術をお受け頂けるよう、十分なコミュニケーションと癒しの環境作りに力を注いでいます。
ご満足いただける成果を実現することはもちろんのこと、患者様のお気持ちに寄り添い、親切で優しく丁寧な応対をスタッフ一人一人が心がけております。
まずはご来院頂き、カウンセリングでお気持ちをお聞かせ下さい。
THPのご予約は、「オンライン予約」をご利用ください。
※患者様のお口の状態によりタイムスケジュールは変更となります。

ご予約

ご予約

当院は、予約無しでも受診できます。但し、大変混み合っている場合もございますので、一度お電話頂くかオンライン予約システム(初診の方のみ)をご利用ください。
また、ご来院してからスムーズに受診して頂くために、事前に【問診票】【問診用(子供用)】をダウンロード・印刷の上、ご記入されてからご来院頂くと大変便利ですので、是非ご利用ください。

ご来院

ご来院

初診時及び各月の最初の受診時には、必ず保険証をお持ち下さい。
事前に問診票をダウンロード・印刷の上、ご記入された方は、そのまま受付でお渡しください。
ご来院されてから、問診票をご記入する方は、ご予約の時間10分程度前に来て頂くとスムーズに受診できます。

初診コンサルティング

カウンセリング

ご来院いただき受付をお済ませになられたら、専門の職種(クリニカルコーディネーター)があなたのお話をしっかりとお伺いさせて頂きます。
ご不安、ご希望などどのようなことでもお気軽にお伝えください。

精密な口腔内検査

精密な口腔内検査

お口にリスクが生じる理由を特定し、口腔内全体として最適な環境づくりの為に、精密な口腔内の検査を実施致します。歯科人間ドッグとも言える綿密な内容により、貴方が一生涯安心できる口腔環境づくりに寄与します。

カウンセリング

カウンセリング

歯周病の現在のリスクとその解消法について、分かりやすく丁寧にご説明致します。大切なあなたのお口を守るために、あなたの理解が大切です。歯周病を徹底的に治療する為に、私達が成すべき事をお伝えして参ります。

根本的歯周治療

根本的歯周治療

歯周病は、細菌による感染症。この歯周病を細菌レベルから徹底的に治療し、一生涯安心できる口腔環境へとリスクをリセットするための治療を実施して参ります。

再評価プログラム

再評価プログラム

全ての施術が終了後、あなたのお口の中のリスクが除去されているかどうかを、再度、精密検査を行なってチェックを行ないます。確実なデータ管理のもと、貴方のお口の健康は一生涯守られていきます。

リスクコントロール

リスクコントロール

歯周病の恐怖のない、安心できる口腔環境を一生涯維持するために、定期的にお口の状態を専属の歯科衛生士がご確認させていただき、リスク管理のためのメンテナンスを実施して参ります。

THP(トータルヘルスプログラム)の費用と期間

重症度によって施術回数・費用が変わります。歯周病に罹患する前にご家族全員で受けることをオススメします。

Healthyコース(3回コース)

健康志向・感染予防目的
家族全員にオススメ。

55,000円(税別)

Perio5コース(5回コース)

歯周病治療目的
軽度の歯周病に罹患した本人。

145,000円(税別)

Perio6コース(6回コース)

歯周病治療目的
中度の歯周病に罹患した本人。

175,000円(税別)

Perio7コース(7回コース)

歯周病治療目的
重度の歯周病に罹患した本人。

195,000円(税別)

家族全員で施術した場合の参考例

家族全員で施術した場合の参考例

Healtyコース 施術内容

Healtyコース 施術内容

その他の費用

初めは安定するまで1ヶ月間隔、以降は、重症度や被せ物の数、インプラントの有無によって2〜3ヶ月間間隔となります。

THPメンテベーシックコース(通常のメンテナンスコース)

60分 15,000円 → 12,000円(税別)

THPメンテプレミアコース(エアフロー、マニュピュレーション含む)

60分 18,000円 → 15,000円(税別)

よくある質問

Q.THP(根本的歯周病治療)はなぜ保険がきかないのですか?
A.現在の日本の保険医療制度は、戦後間もなくに作られた制度であり、国民皆保険を実現した素晴らしい制度です。
しかしながら、人間としてい生きる最低現の医療を保証しているものであり、成熟した現代社会の先端技術は、より高い医療、つまり贅沢な治療の部類として、その多くが保険適用としては認められていないのが現状です。
本来、歯周病という全身疾患やその他の病気を併発する危険がある病気に対して徹底した医療の充実化が図られるべきですが、残念ながらTHPで取り扱う施術内容が高度であるため、保険診療では認められていないのが現状です。一生涯のお口の健康を守るための投資として、自由診療であったとしても必ずご満足いただけるものと自負しております。何物にも代えられない貴方の健康。大切にしていただきたいと思います。
Q.THP(根本的歯周病治療)は痛くないのですか?
A.ご安心ください。
当院では、高度な医療スキルと知識を習得した専属の歯科衛生士のみが個別の施術スペースを与えられ、あなたの処置に当たっています。
したがって、可能な限り痛くない治療を行なっておりますことはもちろんのこと、必要に応じて麻酔を取り入れるなど、貴方にとって最も安心できる医療環境で施術にあたっています。
もし、痛いと思われることがございましたらお気兼ねなくおっしゃってください。きめ細やかな対応で、あなたにとって安心・安全な対応を行なって参ります。
Q.歯周病は歯が無くなる他に怖いことはあるの?
A.糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、妊婦の早産など死の危険性を高める全身疾患を引き起こす原因にもなっていると考えられています。
また、歯周病は感染症であることから、家族の一人が歯周病に冒されると、家族全員が、これらのリスクと常に隣り合わせの状態を引き起こしてしまいます。
人生に一度、徹底した歯周病治療を行なうだけで、一生涯の家族の健康が変ります。
Q.歯周病が感染症ってどういうことですか?
A.歯周病は、だ液などの飛沫感染により他人に感染してしまいます。
生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)には歯周病菌は存在しません。たとえば、箸の使い回しやジュースの回し飲み、赤ちゃんへのスプーンでのフゥーフゥー、キスや性交渉など、様々なシーンで歯周病菌保有者からの感染のリスクがあります。
まずは、自分自身が歯周病菌のリスクに冒されないこと、そしてパートナーや家族にもその知識を啓蒙し、家族全員で歯周病の対処にあたることがとても重要です。
Q.THP(根本的歯周病治療)はどこの医院でも受けられるのですか?
A.全ての歯科医院様でTHPを実施しているわけではございません。
人間の歯は28本存在していますが、日本では80歳になると平均7本程度しか歯が残っていません。大学との研究における連携なども行い、常に最先端の歯周病治療法を検証し、考案されたのがTHP(トータルヘルスプログラム)です。
このシステムを認定講師により導入支援を完了、認定を受けた医院様にて施術が行なわれております。当院でも認定を受けましたのでご安心してご来院下さい。
Q.THP(根本的歯周病治療)は何回で終わりますか?
A.炎症の程度によって、回数(6~10回)が変わります。
1回=1時間程度です。除菌治療は短期的集中的に治すことでさらによい結果にもつながりますのでTHP期間中はあまり期間をあけずにご予約されることをお勧め致します。
Q.口臭の治療できますか?
A.当院では高精度の口臭測定器を備えており何が原因で発生しているのかを特定することが出来ます。口臭測定は初診時の検査内容に含まれており、患者様全員、最初に測定させていただいております。
また、THP(根本的歯周病治療)を受けることで臭いの元となる菌や舌苔をなくしていくことが可能なので口臭をなくしていくことが出来ます。口臭は虫歯や歯周病が原因で発生している場合があるので虫歯治療をしても改善されない場合はTHPによる除菌治療で徹底的に菌を失くすことをお勧め致します。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00