診療科目

歯周外科治療

他院で「抜歯するしかない」と言われた方もご相談ください。患者さまの歯を残すために最善を尽くします。

歯周病が重症化すると顎の骨が溶かされ、歯がグラグラするようになってきます。このような場合、抜歯を選択する歯科医院は少なくありません。
しかし、当院では「歯周組織再生療法」を行うなどして、患者様の歯を残すために最善を尽くします。歯周組織再生療法とは、簡単に言えば、歯周病によって溶かされた顎の骨を再生させる治療です。
他院で「抜歯するしかない」と言われた方も、あきらめずに当院までご相談ください。当院では主に、エムドゲインゲルを利用した歯周組織再生療法を行っています。

エムドゲイン ~歯の発生時と同じ環境を作り歯周組織を再生する治療法~

エムドゲイン歯周病が進行すると、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまいます。
歯周病治療により、進行を止め、歯肉の状態を改善する事は可能ですが、一度失われた組織を元の状態に戻すことはできません。
つまり、歯周病治療が成功すると、歯肉の腫れや出血はなくなりますが、一度減った骨は再生しませんので、進行した歯周病では、歯はぐらぐらのままの事があります。
しかし、歯周組織再生治療により、骨を含む歯周組織の再生が可能になりました。

歯周組織再生療法「エムドゲイン」とは?

エムドゲインとは、エナメルマトリックスという豚の歯杯組織から抽出したタンパク質であり、これを歯周病治療に応用する事で、歯が発生する時と同じ環境を作り出し、歯周組織を再生できる薬剤です。
エムドゲインは、スウェーデンで開発され製品化されています。

エムドゲインで得られる効果

歯周組織が再生することによって、次のような効果が得られます。
・歯周ポケットが改善される
・歯槽骨が再生される(歯の動揺を改善できる)

エムドゲインの適応症

歯周病の全てのケースでエムドゲインによる再生療法が適応となるわけではありません。エムドゲインによる再生療法が適応となるのは、歯の周りの骨が全周吸収された症例ではなく、部分的に吸収された症例でなければなりません。すなわち、骨吸収の形態が垂直的な場合は適応となり、歯の周囲全て(360度)の骨が水平的に吸収されているようなケースでは、適応となりません

歯周外科処置(歯周再生療法)の流れ

歯周外科手術の3つの目的

当院ではトータルヘルスプログラム(THP)にて、歯周病の原因菌を極限まで減らし、 善玉の常在菌を増やすことにより、細菌と共存する環境を整えることで、歯周病の発症をコントロールすることが可能です。しかし、進行してしまった歯周病によって、歯を支える骨を失った場合、深い歯周ポケットが残ることで維持が難しかったりや歯が動くなど、多くの問題が残ります。そこで、もう一つステップアップした歯周病の治療法として、「外科手術」があります。

1.歯肉の下に隠れた歯石や炎症組織を徹底的に取り除きます。

歯肉を開けて目に見える状態で、徹底的に歯石や炎症組織を除去します。盲目的に行った歯石取りでは、やはり取り残しが心配です。それを、歯周手術で徹底的に除去できるので安心です。

2.歯を支える骨や歯肉の形を積極的に整え、メインテナンスしやすい状態にします。

大原則として、歯肉の形は、その下にある歯槽骨の形に合う状態になります。自然に治りを待つだけでは、理想的な歯肉の形や歯周ポケットの深さは制御できません。歯の環境を整えることにより、セルフケアしやすくなります。

3.再生療法を行うことにより、歯肉および歯槽骨を再生できる可能性があります。

本来、失った歯槽骨は、元に戻ることができないとされてきました。しかし近年、再生療法の研究が目覚ましく、失った歯槽骨や歯周組織を再生できる手術あるいは製剤が開発され、歯周手術をすることで再生できるようになりました。

以上のように、歯周外科手術をすることで、皆さんにとって、間違いなくメリットが生まれます。歯周病を発症したら、悪くなるのをただ先延ばしするのではなく、積極的に治療介入することで、より良い環境作りをすることができます。「手術」だからと怖 がるだけじゃなく、一歩踏み込むことで得られる結果を、一緒に築いていきたいと考えます。

そのほかの歯を抜かない治療法

通常、歯ぐきの奥深くまでムシ歯が進行していたり、歯が折れるなどして“歯の根”だけが残ってしまうと、抜歯になる場合がほとんどです。しかし、歯ぐきに埋まっている健康な部分を利用すれば、歯を抜かずに治療することができます。

エクストリュージョン

歯ぐきに埋もれた歯の根を、上に引っ張り出す治療法です。
歯を抜くことなく、被せ物の治療ができるようになります。

◆長所
・歯を抜かずに治療ができる
・治療後の歯が長持ちする
・細菌感染しにくい環境ができる
◆短所
・保険がきかない
・治療期間が長い(数カ月単位)
・咬み合わせを支える力が弱くなる

クラウンレングスニング

歯ぐきに埋もれた歯の根を、手術で掘り起こす治療法です。歯を抜くことなく、被せ物の治療ができるようになります。

◆長所
・歯を抜かずに治療ができる
・治療後の歯が長持ちする
・歯周ポケットが改善する
◆短所
・保険がきかない
・部位周辺の歯ぐきが下がる
・知覚過敏や虫歯になりやすい

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00