歯の豆知識

一覧に戻る

白い歯を保つためのケア

歯医者さんでクリーニングを行い白くキレイな歯になっても、しばらくすると茶渋などの茶色の着色汚れが気になりませんか?
これはステインと呼ばれるもので、紅茶やコーヒー、赤ワインなどの色素や、タバコのヤニなどが歯の表面のペリクル(唾液成分でできた薄い膜)に取り込まれ蓄積されたものです。

ステイン形成のメカニズム

ステイン形成のメカニズム

3つのポイント

白い歯を長く保つためには、お口の中を着色しにくい環境に整え、ステインの沈着を予防するための日々のケアが大切です。

3つのポイント1.歯みがきには、ステインの着色に効果がある美白歯磨剤の使用をお勧めします。
2.着色しやすい飲食物などはなるべく控えるように意識し、摂取後はていねいに歯みがきをするようにしましょう。
【着色しやすいもの:色の濃い食べ物や飲み物・うがい薬・口紅・タバコなど】
3.定期的な歯科医院でのメンテナンスを行い、歯垢やステインの除去と歯の表面を磨くクリーニングを行うようにしましょう。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00