歯の豆知識

一覧に戻る

顎を正しく育成しましょう

食生活の変化により顎(あご)が萎縮し、小さくなった顎に歯が並びきれずガタガタの歯並びの子どもが増えてい ます。歯並びをきれいにするために様々な矯正治療がありますが、健康な歯を抜いてスペースを作り、歯並びをき れいにする方法がとられることがあります。しかし、安易に歯を抜いて治そうとすると顎がさらに萎縮し、舌を収 めるスペースが十分にとれなくなるなどの問題が発生する場合があります。

子どもの顎は、まだまだ大きくさせることが可能です

矯正治療は、歯をきれいに並べるのだけではなく、歯や顎のバランスや咬み合わせが 最も重要です。歯を抜いてももちろん歯並びはきれいになりますが、歯を抜かなくて もきれいになるならできるだけ抜かないで治療したいと考えています。

成長に合わせて顎を育成します

7歳・8歳で上下の歯が入れ替わってきます。成長ホルモンがたっぷりと出ているこの時期に顎を正しく育成すれば、 歯を抜くことなく、痛みや治療期間、費用を少なくさせることができます。

早めにご相談ください

前歯が入れ替わる時期にガタガタの歯並びをそのままにしておくと、奥歯も悪い前歯に あわせて出てきます。そうすると奥歯から治さないと前歯は直せなくなります。

このページのトップへ

歯に関するご相談・ご予約・初診予約
無料カウンセリングなど、お気軽にどうぞ!

018-836-0968休日:日曜・祝日
診療時間:9:00〜12:30 / 14:30〜18:00